Vシートについて

Vシートについて

シートは優れた特性を持つEVA (エチレン酢酸ビニル共重合体)樹脂シートの両面に特殊繊維を植毛し、セメントで貼り付けられるという新たな特性を付与した画期的な防水シートです。

Vシート防水は溶剤や火気を使用せず環境に極めてやさしく、独自のポリマーセメントペースト(VP セメントペースト)によりコンクリートやモルタル等の下地に密着できるため、下地に濡れや湿気があっても施工が可能な湿式工法です。

Vシートについて

Vシート及び Vコートは、伸び率が大きく下地の動きや 振動、さらには構造クラックに対する追随性が抜群で、地震国日本の建物防水に最適な工法です。

このような特徴から主に地下外壁での防水工事で多くご利用頂いており、地下防水工事では約4000件の業界NO1の実績がございます。
高安全性で環境への影響が少ないVシート防水によって今後もより一層の社会貢献ができることを、私たちは願ってやみません。

Vシートが選ばれる理由

メリット01

環境に極めてやさしい溶剤・火気不要

環境に極めてやさしい 溶剤・火気不要

Vシートは施工の際に溶剤、火気を使用せず現場での施工安全性に優れています。
溶剤、火気による臭気の発生がありません。施工に際しては音も殆ど出ないので近隣に対しても安心です。

臭い、煙、騒音の心配がないため、日中でも作業が可能です。
学校や病院の増改築などでの防水工事でも日中作業で行う事が出来ます。

メリット02

下地の乾燥不要 下地に施工可能

下地の乾燥不要 下地に施工可能

セメントペーストで貼るVシートは下地の乾燥を必要としません。
降雨後(滞留水は要除去)や型枠解体から日の浅い躯体でも施工可能です。
そのため湿気の多い地下や、厨房、トイレなどの水回りでの防水工事で数多くご利用頂いてます。

メリット03

乾燥不要、日中の施工可能工期短縮

乾燥不要、日中の施工可能工期短縮

下地の乾燥を必要としないVシートは、工期短縮に寄与します。
溶剤や油性の材料を使用する工法では下地の完全乾燥を要求する為、降雨後は下地を数日間乾燥させる必要がありますが、
Vシートでは不要です。脱型後も乾燥を待たずに施工可能なので工期を短縮できます。
騒音や臭気が少なく日中での作業も可能という事も短縮につながります。 店舗の改装工事等に最適です。

メリット04

様々な用途に対応する多彩な工法

様々な用途に対応する多彩な工法

Vシートの優れた特徴を充分に発揮できるように標準工法以外にも用途に合わせた多彩な工法を用意しています。
厨房、浴槽等水まわりの新装・改装用のKS-AR工法。
地下室用として有名ハウスメーカー各社に採用されているKS-B1工法などがあります。

メリット05

一貫責任施工による施工品質の確立

一貫責任施工による施工品質の確立

V シート防水は一貫した責任施工を守り続け、施工品質の維持向上を心がけて参りました。
これにより漏水クレームは激減し、現在は地下外壁防水を除いて、ほとんど漏水クレームの発生に至りません。

メリット06

施工実績15,000 件以上 漏水クレーム率0.3%以下

施工実績15,000 件以上 
漏水クレーム率0.3%以下

特に湿気の多い地下での外壁防水や厨房、トイレ、浴槽などの水回りでは、Vシート防水の特徴が最大限に生かされます。
さらに一貫した責任施工の徹底により大きな成果を上げ、これにより優秀な実績をご理解頂いた多数のユーザーからご支持を
頂いているVシート。その多くは大手ゼネコン各社です。
地下での防水工事は業界実績NO1です!

メリット07

トータルコスト削減 経済的

トータルコスト削減 経済的

両面に特殊繊維を植毛してあるVシートは防水工事後の保護層施工に際し、モルタルやコンクリートを直接施工する事が可能で、
トンボやラス網は不要です。シート端末部分の接着性も充分高く、押さえ金物やコーキングは不要です。(サッシ下等は除く)
以上のことから軽くて薄い仕上がりとなり、工期短縮と相まって、トータルコストの削減が可能です。

pagetop このページの先頭へ