厨房・トイレ・浴槽向き防水工法

15年間、施工実績5000件以上

漏水クレーム0の防水技術

環境特性に優れ、匂や煙・溶剤等を全く含まない極めて使い勝手の良い防水技術です!!

国土交通省「公共建築工事標準仕様書」
「公共建築改修工事標準仕様書」
種別「 S C1 」適合

JR グループ、空港各社、デパート、私鉄グループ等に幅広く採用されています。

KS-AR 工法

コンクリートブロックによる間仕切りやステンレス製のグリストラップが使われることが多い厨房をはじめ、トイレ等の水回り、常に水が貯まってる浴槽などは漏水の心配も大きくなりがちですが、 KS AR 工法では補強塗りや補助張り・補強張りを入念に行う事でこれらの不安を解消します。

KS-AR 工法

KS-AR 工法

【無煙・無臭・低騒音】

V シートは施工の際に溶剤、火気を使用せず現場での施工安全性に優れています。
溶剤、火気による臭気の発生がありません。施工に際しては音も殆ど出ないので近隣に対しても安心です。
臭い、煙、騒音の心配がないため、日中でも作業が可能です。

KS-AR 工法

KS-AR 工法
KS-AR 工法
KS-AR 工法
KS-AR 工法
KS-AR 工法
KS-AR 工法

KS-AR 工法施工要領書

こんな場面で活躍します

  • 駅ビル・空港構内
  • 飲食店(店舗)・ファミリーレストラン
  • 学校(トイレ、給食センター)
  • 病院・老人ホーム
  • 大型商業施設(ショッピングセンター・デパート・スーパー)
  • ホテル

pagetop このページの先頭へ