地下防水向き防水工法

KS-B1 工法地下先やり防水工法

地下での防水工事で最も特徴を発揮する、当社オリジナルの工法です。

V シートの特長を生かしつつ他の材料との複合により、別工事で下地を作成すること なく山留め矢板への直接施工を可能とした先やり防水工法です。
下地処理から保護層の施工までを当社が一貫して行うシステム工事で、工期短縮、トータルコストの削減などの他にも、
後やり防水にはつきものの余堀りが不要なので限られたスペースを無駄なく使えると いう大きなメリットを有しています。

KS-B1 工法

KS-B1 工法

KS-B1 工法のメリット

KS-B1 工法
KS-B1 工法
KS-B1 工法
KS-B1 工法
KS-B1 工法
KS-B1 工法
KS-B1 工法
KS-B1 工法
KS-B1 工法
KS-B1 工法
KS-B1 工法

KS-B1 工法施工要領書

KS-B3 工法地下後やり防水工法

地下外壁の後やり工法は、地下躯体に後から防水を行う工法です。

地下外壁に直接貼りつけるので、防水の安全性確保が確実にできます。
その際、V シートの密着工法の特質が最大限に生かされ、より安全な防水層が確立されます。

KS-B3 工法

KS-B3 工法施工要領書

湧水処理について

地下の防水工事を進める上で、大きな障害となるのが湧水の発生です。
湧水が大量に出れば防水工事の施工は不可能であり、
特に規模の小さな現場では対策が大きな問題となっています。
ケイエス防水工業はこの問題にも正面から取組み、
独自の処理方法を考案し、湧水処理対策を確立しております。

pagetop このページの先頭へ